Fsuion360の初期設定

Fusion360を初期設定のまま使っても問題はないのですが、データの受け渡しなどをするときに若干困る時があるので設定しておきましょう。

右上の名前の部分を右クリックして基本設定を選びます。
その中で設定しておきたいのは、

閉じるときに自動バージョン管理をOFF
これがONになっているとボディを非表示にしていろいろ確認を取りたい時でも保存をしてしまい、いたずらにデータのバージョンが上がっていきます。
さらに他人のデータを覗く時にも勝手に保存するので面倒なことになります。

既定のモデリング方向をZ(上方向)に
大体のソフトはXYが縦横、Zが高さになっているのでデータを移動させるときに向きがおかしくなります。

プレビューをすべてON
見えない処理があると困るのでONにしておきます

そして、Fusion360の処理重い人はグラフィックの効果を切りましょう。

名前の横の?マークをクリックして、サポートと診断>グラフィックスの診断と進みます。
そして一番下のパフォーマンスを最適化するために効果を制限をONにします。
これだけで結構軽くなります。(でもできれば良いスペックのパソコンを使いたいです)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA