Fusion360 ねじの落とし穴

自分でねじを作る時、まず引っかかるのはねじ山が反映されないという事ではないでしょうか。
ねじコマンドを起動した時点ではねじ山が反映されないようになっています。
これはねじが規格品である事と、いちいち全部表示していたら処理が重くなるからでしょう。

なので、ねじコマンドを使う時には忘れずモデル化をしましょう。

ではボルトとナットを出力してはめてみましょう。
はまりましたか?
はまったらラッキー、はまらなかったら残念、自分で調整しなければなりません。

調整方法は二つあります。

まずは拡大です。
ナット側の高さ以外の縦横を1.01~1.08倍程度大きくします。高さを変えるとねじ山と噛み合わなくなるので注意です。

もう一つはプレス/プルを使ってナット側をへこませます。
プレス/プルを起動し、ナット側の内側を全部選びます。(全部じゃなくていい場合もあります)

この時、オフセットタイプは自動ではなく、新規オフセットを選んだほうが処理が少し軽くなります。
そして、ラインの一本分の、0.4㎜からその半分の0.2㎜の範囲でへこませます。
この時表示がおかしくなりますが処理はちゃんとされます。
調整するのはナット側だけです。ボルト側で同じような事をするとうまくいきません。

複数の場所にねじを反映させるときに注意したいのは、全部が同じサイズになる事です。
また、ねじコマンドで指定したサイズは元になった円柱のサイズを変えても変わりません。
太さを変えるときは忘れずねじのサイズも変えましょう。

オリジナルねじが作れればロボットやおもちゃの幅が広がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA