Fusion360 湾曲しているボディの表面に模様をつける

単純な円柱ならあまり考えなくていいのですが、表面が湾曲していると難しくなります。

こういう感じですね。
スプラインと3Dスケッチで作ります。

まず、スプラインを3Dスケッチとして描きたい場合は、基準となる点が要ります。
ひとまず円柱の中心を通った一面と、それに垂直な面に点を書いていきます。もっと正確できれいな線分を作りたければ面の数を増やしましょう。

そして改めてその点をスプラインで繋いでいきます。

これをパイプで削ります。

さらにミラーなども使うと、

こんな感じに模様をつけることができます。

もう少し簡単にやる方法もあります。
それはこちらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA