Fusion360 湾曲しているボディの表面に模様をつける簡易版

スプラインや3Dスケッチを使わないでやるならこういう方法もあります。
まず、面に対してできるだけ平行な面にスケッチを描きます。

それをサーフェスに投影で表面に線分を描きます。

で、余分な線を削除して、

パイプで切り抜いたりミラーを使えば、

完成、と言いつつおかしな点が

ここの交差の仕方が違いますね。
気にならないならこっちが楽です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA