Fusion360 3Dスケッチは避ける

3Dスケッチは基本的にはしてはいけません。
何故なら寸法が入らなかったり、線分やスプラインしか使えなかったり制約が多いからです。

それでもやりたいときにどうするか。
まず、スケッチの3Dスケッチにチェックを入れます。
とは言え、入れなくても自動認識で3Dスケッチになります。

3Dスケッチは、スケッチを描いてる面に対して垂直に動かしたり、点や頂点を線分やスプラインで結んでいくように使います。
頂点や点を結んでいくときに点が選べてないなんてことがあります。
これは、2Dスケッチとして認識されているからです。
ビューを動かして斜めからの、俯瞰視点で選んでいけば繋いでいけます。

3Dスケッチで斜めにスケッチを描いていても、その斜め自体が平面であればプロファイルになります。
少しでもねじれていたらプロファイルになりません。

が、やはりおすすめしません。傾斜平面や3点を通過する平面などをうまく使ったほうが後で編集しやすいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA