Fusion360 パターンタイプ

パターンを選ぶときのパターンタイプを解説します。


面を選ぶのですが、盛り上がっている部分、あるいはへこんでいる部分をすべて選ばなければきれいにできません。
大変な時はフィーチャ履歴から選んでもOKです。

ボディ
一番わかりやすく、エラーすることもないですが、ボディがやたら増えてしまうのが難点です、

フィーチャ
フィーチャ履歴を繰り返してパターン反映します。処理が重い分複雑なパターンも作れます。
エラーが出たら計算オプションも変えてみましょう。
それでもだめなことも多く、量を減らしたり分割してパターン化してみましょう。
あるいはパス上のパターンにするなどですね。

コンポーネント
基本はボディと同じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA