Fusion360 シェルするときの注意点

シェルは複雑なソリッドボディでする時、非常に処理が重くなります。
重いだけでなく処理できないことも多いです。
そしてこの時にFusion360が落ちることがあります。
忘れずに一旦保存しておいたほうが無難です。

エラーが出るのはシェルする時の壁面が干渉しあっている時など(スカルプトの自己交差みたいなもの)で物によっては不可能になることもあります。
対処としては、複雑なボディにしない、シェル以外の方法で削る、縮小コピーして結合で切り取るなどになります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA