Fusion360 移動やコピーでつまずく

まずつまずくのは、移動する対象でしょう。
スケッチでは特に意識しなくてもよいのですが、ボディの場合自動的に面が選ばれたりするので、しっかりボディを選びます。

そしてピボットの初期位置では思った通りにならないので、ピボット設定をします。

さてこのピボット設定が曲者です。
ピボット位置を設定し、さあ動かそうと角度などを入力しても、スケッチやボディは動きません。
必ず、緑のチェックボタンをクリックしてピボット設定を完了してください。

位置を決めた後の移動はピボットの位置そのものをどう動かすかという設定なのです。
ピボットの場所をボディの向こうに置きたいときは、位置合わせやジョイントと同じように一旦ポイントを全部出してCtrlを押しながら持っていきます。

またコピーする時は忘れずにコピーを作成にチェックを入れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA