Fusion360 自然な鱗を作る

なかなか難しいです。実際に鱗になっていなくていいなら鱗模様に溝を掘ったり、テクスチャを張り付けたほうが良いです。
もうちょっと頑張るなら面分割もありです。
それでもちゃんと作りたい時は…

まず面を鱗の形に分割します。

そしてその分割した部分を元にパッチを作ります。

この時上手くエッジが選べない時はグループエッジのチェックを入れたりします。
それからオフセットをしてサーフェスを二枚にします。

厚みでやると余計になエッジや曲線ができてやりづらくなることがあります。
そして曲線のちょうど中央部分に平面を立て、交差などを使って曲線の真ん中に点を打ちます。
この時ついでに尖った先部分を3Dジオメトリを含むで点を打ち、三点を作っておきます。

この三点に作業辺面を作ります。これでやっと中央を分割する作業平面ができました。
この平面の間になだらかで自然な曲線を描きます。

そしてロフトを行います。下のサーフェスの先から上のサーフェスの曲面を繋ぎ、中央線を先ほど引いた曲線にします。

次の上下のサーフェスをロフトで繋ぎ、横部分を曲面で分割します。
この時、分割ツールの拡張のチェックを外したほうがいいかもしれません。

それから要らないサーフェスを除去していき、下のサーフェスと真ん中のサーフェスのみしてロフトで繋ぎ、スティッチでくっつけます。

するときれいに収まります。

と、とても面倒です。
ここまでやらないといけないなんてことはないと思います。一枚鱗を作ったらコピーして移動を繰り返したほうが絶対に良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA