Fusion360 CGが急にボックス表示になったら

…という記事を書こうとしたのですが、現在はそのような状態になるとエラーが出て反映されなくなりました。
なので、その原因の自己交差について書きます。

3DCG(スカルプト)をやっていると詰まるのは自己交差です。
これは自分のボディの中に自分のボディがめり込んでいたり、ソリッドボディにならないサーフェスだけの面があるなどが原因です。
スムーズ表示にしていると、自己交差を起こしていても見た目には問題ないように表示されてしまっているので、全部が終わっていざソリッドボディに変換しようとするとエラーになり変換できないことがあります。

こんな時は表示をボックス表示に変えましょう。こちらはTスプライン本来の位置で表示するので、自己交差がわかりやすいです。
スムーズ表示とボックス表示を交互に切り替えて作っていきましょう。慣れればボックス表示だけでもぐいぐい作っていけます。

ショートカットキーは、対象のボディを選び、ALTキーを押しながら、1でボックス、2でコントロールフレーム、3でスムーズです

それでもエラーが返ってくることがあります。
そんな時は定期的にスカルプトのフォームを終了して、きちんと変換できるか確認します。
ユーティリティから、変換>TスプラインからBREPでもいいです。(というかこっちが正当)

以前は穴の塗りつぶしをすると、何故か自己交差が起きやすい状態になっていました。
穴の塗りつぶしモードを変えたり、溶接の中心の頂点などを変えても自己交差が起きてしまう場合は、エッジの結合やブリッジを使って埋めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA