Fusion360 ボディの変換

CADで作ったデータをCGに、あるいはCGで作ったデータをCADにすることができます。

Tスプラインはスカルプトの事で、BREPがCADになります。
クワッドメッシュは取り込んだSTLなどの事になります。
とはいえこれは万能ではありません。

TスプラインからBREPはデータ上に不都合がなければそのまま変換できます。
残る二つは大体の形でしか変換できません。かなり雑です。
ソリッドボディを元にスカルプトで作っていった方が良いです。
そのとき修正>プルのコマンドが役に立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA