ボディの向きに注意しないと

ボディの向きを考えず、てきとうに作っていること、


太刀なのですが刃の向きが逆ですね。

スケッチを調整すればいくらでも修正が効くと思いがちですが、その結果押し出しのプロファイルが消失したり、リンク線がおかしくなったり、そもそも大幅にスケッチが崩れて寸法変更が効かないなど問題が起きることがあります。

前後左右の向きが違う程度ならばミラーで対応できます。
または、スケッチを新たに作り、プロジェクトでリンクを作った後、リンクを解除し移動させる…などなど。

作業中、視野が狭くならないように気を付けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA