Fusion360 データをクラウドからまとめてダウンロードする

データををいちいち開いてエクスポートとしても良いですが、量が膨大になるといちいちそんなことはできません。
A360にアクセス出来ればアーカイブできます。
Fusion360を立ち上げて、右上の名前を右クリックし、マイプロファイルをクリックします。
プロジェクトを探し、ファイルやフォルダをクリックすると、ボタンが現れます。
これをクリックすることでファイルなら書き出しが、フォルダならアーカイブが始まります。
ファイルならメールにリンクが張られ、フォルダなら圧縮されて終わり次第ダウンロードが開始されます。
あとはアップロードすれば完了なのですが、フォルダ単位ではアップロードできないため、アップロードした後、自力でフォルダ分けする必要があります。

また、疑似的にまとめてダウンロードする方法をがあります。

まず以下のフォルダにアクセスします。
C:\ Users \ (ユーザー名) \ AppData \ Local \ Autodesk \ Autodesk Fusion 360 \ (不規則な文字列) \ W.login
の、一番新しいフォルダにアクセスします。
ここに残っているのはFusion360のキャッシュデータです。
いろいろ残っていると面倒になるため一旦削除か別フォルダに移動しておきます。

アクセス出来たらFusion360のデータパネルでフォルダを右クリックし、オフラインキャッシュに追加をします。
こうすると先ほどのデータフォルダにバーッとデータが出てきます。
この中から拡張子がF3Dの物だけ取り出します。これが実データです。

あとはファイル名を適当に修正して完了です。
ただし完全にダウンロードできない場合もあるので注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA